忍者ブログ

祟る人ファンクラブログ

15年経っても刑部ラブ
右のMENUを隠す

2-2:大谷刑部の家族 その二

謎だらけ大谷刑部の家族に迫る第二弾。
※2004年くらいに書いたものなので、現在はもっと新しい説が出てきているかもしれません。
その点ご了承ください。


参考
*歴史読本 04年11月号 特集関ヶ原合戦全史
*石田三成研究家、白川亨氏のNHK公開質問状
*大谷刑部のすべて


ずいぶん前のある日私はネットをぷらぷらしていて、白川さんという方のNHKの番組に対する公開質問状に出会いました。なんか難しい事が沢山書かれていて私の脳みそではかなりわけわかめでしたが、一個さらりと凄く気になる記述が。

『太宰府天満宮文化研究所から依頼された『鶴亀文懸鏡奉納者の人物考証』を提示し、文禄二年九月吉日、大谷刑部少輔吉継が朝鮮出兵からの帰国途上、太宰府天満宮に立ち寄り奉納した大鏡二面の内、残りの一面の奉納者「同東、小石、徳、小屋」の全てについての人物考証を行い、「同東」すでに国学院大学・宮本氏の考証どうり「太谷東殿」を意味するものと捉え、宮本氏の推論はその真相に迫る一提言として注目していると述べました。
さらに「小石」に就いては三成の次女と推論し、関ヶ原前年の慶長四年(一五九九)八月、会津に帰国する直江兼続に託され、やがて上杉家の家臣に転じた岡半兵衛重政(孝蔵主の義甥)の嫁に成った人であると述べ、それに代えて北政所の要請によって三成の三女(辰子)を養子に所望して迎え、その十年後の慶長十五年(一六一〇)六月、孝蔵主に伴われて江戸に下り、津軽二代藩主信牧公に嫁いだと述べたはずです(徳、小屋の人物考証に就いては省略)。』

天満宮にあるさまざまなお宝たち。なかでも「天神に対して祈念するため奉納されたもの」に、文禄の役(1593)で朝鮮半島から無事帰還した刑部とその家族が奉納した鏡があるというのです。
「太宰府天満宮鶴亀文懸鏡」福岡県指定の有形文化財。「そこはかとなく祟る人」が「祟りの大先輩」に鏡を御供えしたってことでしょうか…
いや、それよりこれは刑部とその他家族らしき名前が記されているということ、刑部の家族の名前判明という事ですか?謎に包まれた家族を持つ大谷ファンにこれは福音としか言い様がない…とここまできて我にかえりました。
「東殿」というのは刑部ファンでは(多分)有名な、朝比奈とかって異名も持つなんか実力者っぽい謎のおかん、この人に確定の模様です。しかし問題はほかの

小石、徳、小屋

小石と徳はいいとして「小屋」ってなに厩戸皇子ですか。なんかのシャレですか。シャレだとしたら歴史読本の後ろにいつも載ってるチェリオの広告くらい微妙だよ…
そういえば上の公開質問状では小石は三成の次女って書いてあるし、徳、小屋の人物考証は爽やかに省略されてるし、そこが重要なんだ、教えて、教えて国学院大学の宮本先生ー!!

そんなこんなでいろいろ調べだした結果色々情報が集まりました。
歴史読本と言えば堅実朴訥な誌面作り、充実した記事とコラム、チェリオの微妙な広告などがありますが「歴史読本 04年11月号 特集関ヶ原合戦全史」に外岡慎一郎氏「大谷吉継と関ヶ原」という人物検証が載っていて、そこでは『青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)の坊官である大谷家の系図「華頂要略(かちょうようろく)」』という漢字多過ぎでわけわっかんない新資料が提示され、吉継には「コヤ」の名で残る妹がいたと書かれているのです。新資料、新説どんどん出て、今後の研究に期待しています。
さて…ここではコヤは妹でした。

そこでとりいだしたるは我らがバイブル「大谷刑部のすべて」ですよ!
というか拾い読みばかりで実はあんまししっかり読んでいなかったです…ありました小石と小屋!!76ページ周辺「鶴亀文懸鏡」の分析がしっかりこってり書いてあるとです。

「小石、小屋、徳は彼の妻女達と察せられ」また79ページには「真田昌幸の次男幸村にむすめの1人(前述「小石」「徳」「小屋」のうち妻「小石」を除く二人のうち1人)」

妻が小石!すごい事になってきました。どんどん大谷一家の女性陣の姿が明るみになってきます。ありがとう、この論文書いてくれた宮本義己さん!!
あれ…ひょっとして国学院大学の宮本先生ですか?


まとめますと、
三成研究家の白川さん「小石は三成の次女」説
新資料提示の外岡さん「小屋は妹」説
鏡を分析の宮本さん「小石は妻で徳と小屋は娘」説

そんな感じでいろいろ意見分かれています。
うーん…こうなったら出生説と同様に自分の気に入ったものを選べる幸せ的にチョイスしようかと思います。

謎ってもんはやっぱ楽しいものですね!(結局御都合主義に締め)

拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

メルフォ兼WEB拍手




リンク


▼創作絵ブログ
突貫工事

▼旅行ブログ
旅行用ブログ

▼外部ブログ
上杉軍検索所
冬色絵巻
3D京都

Search this site

× CLOSE

Copyright © 祟る人ファンクラブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]